ホーム » 歯をなくして優先すべきこと » 口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないか

口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないか

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。その点は、担当医の技量に加え、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。今流行りのインプラント。
一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当医の技量によっても変わるようです。口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなってしまいます。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なのがインプラントです。
しかし、制約もあるので覚えておきましょう。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その義歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。人工歯の製作には、高い技術と美的センスを持ち合わせていなければなりません。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
年々進化を続けるインプラントの技術。
近頃では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。
酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食事の際にグラグラと動いてしまうというケースも稀に報告されています。そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科で治療を受けるようにしましょう。