ホーム » 歯をなくして優先すべきこと » 歯茎の下の顎の骨に埋め込む

歯茎の下の顎の骨に埋め込む

インプラント治療で真っ先に心配するのがどれだけ痛いんだろうかということです。
金属の細い棒を歯茎の下の顎の骨に埋め込むわけですから、想像を絶する痛みをイメージしがちです。
でも現実には、麻酔をしないわけがありませんので、歯を抜くときと同レベルの痛みしかありません。
親知らずを抜く時ぐらいの痛みしかないんです。
インプラント手術の目的は、抜けたり折れたりした歯を取り戻すための治療です。歯科クリニックはコンビニエンスストアよりも多いですが、インプラントに力を入れている歯科医院は全体のおよそ2割程度のものです。
その中から本当に信頼できる歯医者さんを見つけることが重要です。インプラントの寿命が気になりますが、本当のことを言うと知っている人はどこにもいません。インプラントが一般に広まってまだそんなに時間が経っていないので証明できるほどのデータが集まらないのです。
高齢者が多いこともありますが、インプラントは死ぬまで機能を果たしているようです。
有識者によれば、インプラントの寿命は40年から50年は大丈夫とも言われています。インプラント治療を受けるのに、年齢制限の上限はありません。
逆に下限は骨の成長が止まる20歳前後から受けることができます。
70歳を超えた高齢者もインプラント手術を受けた方はいらっしゃいます。
ただ、年齢的には問題はなくても健康状態によっては諦めざるを得ない場合もあります。高血圧・糖尿病・心臓疾患・呼吸器疾患などをお持ちの方は、インプラント手術ができない可能性があります。
どうしてもインプラントを希望されるのなら、担当医とよく相談してから決める必要があります。
インプラントにしたい妊婦の方は、赤ちゃんを産んでから一息ついてからにしましょう。