ホーム » 歯をなくして優先すべきこと » 最近メジャーになってきたインプ

最近メジャーになってきたインプ

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、誰にでも当てはまることではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前はしなかった口臭がするようになったということも割と少なくないようです。これはなぜでしょうか。一つには、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。ひょっとして、と思ったら、早期に診察してもらうことが大切です。近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。
プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを持ち合わせていなければなりません。
これには大変な手間と時間がかかりますから、それだけ、セラミックの歯というものは一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は普通にしていれば一生物などと言われますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。
インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術を欠かすことは出来ません。患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、それらのパーツの構成により、以下に示す何通りかに分かれています。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。そして、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
混同されることの多いインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。まず、差し歯というのは、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に義歯を装着して固定するというものです。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。
完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるのがインプラントです。
しかし、留意すべき点もあるのです。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。
インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。歯磨きにも正しい仕方があります。歯科で指導してもらえるはずですから、その通りのケアを心がけてください。自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、異常に気付くのも遅くなります。
自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。
歯科治療の現場は日々進化を続けています。最近は、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに原因があると言ってよいでしょう。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。