ホーム » 歯をなくして優先すべきこと » インプラントの土台を維持するために

インプラントの土台を維持するために

どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけてください。
長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。感染が重篤化する危険性があるので早急に診察してもらわなければなりません。手術によってインプラントを埋め込んだ後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごさなければなりません。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動はしばらく行わないようにしましょう。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておきましょう。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。しかし、他の原因から生じることもあるので、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので症例数が多ければ多いほど良く、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのはインプラントです。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。あくまでも見た目、もしくは使った感じを追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。