ホーム » 歯をなくして優先すべきこと » アバットメントで接続する

アバットメントで接続する

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。
インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。
歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。
年々利用者が増えてきたインプラント。
その施術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。入れ歯などの方法と比べると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの熟練の技を欠かすことは出来ません。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口の臭いが気になるようになったケースがままあるようです。
これはなぜでしょうか。
一つには、歯茎の合間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。
より深刻な事態を食い止めるためにも、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、埋め込む所がないので使えません。
一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。