ホーム » 歯をなくして優先すべきこと » インプラント治療による危険性を様

インプラント治療による危険性を様

インプラント治療による危険性を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという説があったのではないでしょうか。
それは違います。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていてそのため、MRI検査は問題なくできます。歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、デメリットも知った上で選択してください。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。
加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。
障害を負うにとどまらず、治療が原因で死亡することも過去にはありました。治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を避けられない理由です。
安くできるケースで十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことを肝に銘じておかなければなりません。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならこの人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、時間に見合った医療費がかかります。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、トータルで30万円から40万円と考えてください。
相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
ここで重視すべきなのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。長年放っておいた虫歯があり、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラント治療に決めました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
手術が終わってから、だんだんと虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはありがたみを実感する点です。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。